女子校生・沙耶は、自分では気が強い方だと思っていた。しかし今、それは大きな間違いだったと、身に染みて感じているに違いない。ただ単に、真の恐怖というものを知らなかっただけ…。身体を完全に拘束され、逃げることなど全く不可能。強制開口器具を嵌められた口元は、まさに無防備そのもの。これから起きることを想像しただけで、足下がガクガクと震え出す。露わになった乳首をツネり上げられ、苦悶の表情を浮かべる沙耶。さらに股間に電動マッサージ機が宛てがわれると「んんがはあ~ぁ」口枷で自由が利かない口元から、呻き声が漏れる。敏感…